scroll

ボクらの日常を
旅する

どこかで見たことのある絶景よりも、
どこでも見たことのない日常を旅したい。

自分の日常をひと休みして、誰かの日常にお邪魔する。
それが旅だと思う。

あなたにお届けする、ボクらの田舎の日常。

いちにち青し、
目に青波、
山青颪、
青蜜柑

紀伊半島、
本州ほぼ最南端の太平洋沿いの町、
三重県御浜町。

海青し、山、風青し、蜜柑さえも青し。

太平洋の海岸沿いには、約22kmに渡る七里御浜。
それは、古くから庶民に愛された祈りの路、
世界遺産「熊野古道伊勢路」。
神秘的な紀伊山地と雄大な太平洋を有し、
山の「青」と海の「青」が出会う町。

あなたはこの町で何色の「青」と出会うだろうか。

 日本人の
「青」のある
 暮らし

青=緑
今に受け継がれる古の概念の一つ。

古の日本では青の定義がより広義であり、
その名残が今でも多く見られる。

青い山
日本人は緑豊かな山並みを想像する。

海青し、山青し、空青し、風青し。
日本人にとって、青は、時には緑であり、
そして、時には無色透明。

それは千年に渡り受け継がれてきた、日本人の美学。

TOURS

ツアーのご案内

  • 風のある日常を旅する。
    朝霧颪サイクリングツアー

  • 海のある日常を旅する。
    熊野古道伊勢路サイクリング&
    ウォーキングツアー